起業・会社運営

 

 

 

商業・法人登記とは

 

どういった会社なのかを法務局に登録(登記)する事で、誰でも法務局で登記事項証明書を取得し、会社の登記された情報を得る事ができるようにし、取引の際、取引相手の情報を確認する事で、取引の安全を図る事ができるという制度です。

登記される事項には決まりがあり、その事項に変更があった場合には、会社法等に規定された期間内に、登記をしなければならず、ルールに従って登記される事により、社会的信用度が増し、円滑に取引ができるようになります。

会社法上、会社には大きく分けて「株式会社」「合名会社」「合資会社」「合同会社」の4種類がありますが、以下、一般的な株式会社の主な手続きを説明します。

※注意

登記事項が変更(代表者の住所が変わった場合、役員の任期が満了している場合等)されても一定期間内に登記をしない場合は、会社の代表者個人に過料・罰金が科せられることがあります。

 

 

会社の設立

社は、法人化(設立登記)をすることにより、社会的信用度が増すと言われています。

また、一定程度の売上を上げられている個人事業主様にとっては、負担する税金が安くなる事もあります。

(一般的に所得が800万円程ある個人事業主様は、法人化した方がメリットがあると言われています。)

一方で、今までかからなかった設立費用や変更登記費用、法人税の負担、会計処理などの事務負担が増えてしまうのも事実です。

それでも、今後事業拡大を考えている方にとっては、大変メリットがあり、避けては通れない制度です。
会社設立には、様々なメリット・デメリットがありますので、お悩みの方は、お気軽にご相談ください。

 

<株式会社の設立までの主な流れ>

①ヒアリング・ご依頼(ご依頼人・当事務所)

 どういう会社をどこに作りたいか、社長、役員を誰にしたいか等をお聞かせいただきます。

 その際、どういうメリット・デメリットがあるか説明させていただきます。

②法人印の作成、株主・役員になられる方の印鑑証明書取得(ご依頼人)

 会社の実印となる法人印の発注をしていただきます。

 また、株主・役員になられる方の印鑑証明書を取得していただきます。

③定款案の作成(当事務所)

 ヒアリングに基づき会社の定款案、その他必要書類をお作りします。

④2回目打ち合わせ(ご依頼人・当事務所)

 当事務所が作成した定款案を基に最終確認をさせて頂き、各種書類に押印して頂きます。

⑤定款の認証(当事務所)

 当事務所が代理で公証役場にて定款の認証を行います。

⑥資本金の振込(ご依頼人)

 通帳に資本金を振り込んで頂きましたら、通帳を会社の実印とともにお持ちください。

⑦各種書類に押印及び登記申請(ご依頼人・当事務所)

 書類に押印後、決められた日に登記申請を行います。

 ※登記申請日が会社設立日になります。

⑧登記簿謄本・印鑑証明書・印鑑カードの取得及び書類のお渡し(当事務所)

 各種証明書をお取りし、書類の返却をいたします。

 ※登記申請から2週間ほどかかります。

⑨通帳作成・各種届出(ご依頼人)

 当事務所でお渡しした書類を基に、会社の通帳の作成・各種届出を行っていただきます。

 ※主に必要な手続きのご案内は当事務所にてさせて頂きます。

 

●最初のヒアリング・ご依頼から、設立登記申請日(会社設立日)までスムーズに進めば約1週間~2週間程で終了します。

 ※福岡管轄の場合

●設立を特に急がれる場合は、その旨申し伝えてください。

 

ご用意いただくもの
  • 発起人及び取締役の印鑑証明書(発行から3か月以内のもの)

  • 預金通帳

  • 会社の実印

※別途書類が必要な場合があります。

 

役員の変更

 

役員(取締役等)の選任(重任)、辞任、解任する場合に必要になります。

通常、株式会社においては、役員の任期が2年~10年に設定されていますが、選任・再任等がされているにも関わらず登記が忘れていたという場合(そもそも選任・再任等がされていない場合もあります。)もあり、すみやかに手続きをする必要があります。

また、登記簿上の役員の住所や氏名に変更があった場合にも、登記が必要となります。

ご用意いただく主なもの
  • 役員の実印及び印鑑証明書

  • 会社の実印

  • 役員の住民票 ※住所変更時の確認資料として

  • 定款

※別途書類が必要な場合があります。

 

商号・目的の変更

 

会社の商号を変更する場合、事業目的を変更する場合には、定款の変更しなければなりません。

新たな事業を始める場合、事業目的を変更しなければ、商法上の違反になってしまったり、金融機関の融資も受けれなくなって

しまう事もあります。

また、定款の作り直しも必要になりますので、その点もご相談下さい。

 
ご用意いただく主なもの
  • 会社の実印

  • 新しい会社の名前の実印 ※商号変更する場合

  • 代表取締役の実印及び印鑑証明書 ※商号変更する場合

  • 定款

※別途書類が必要な場合があります。

 

 

本店・支店の移転

 

本店や登記されている支店を移転する手続きです。法務局の管轄をまたぐ(例 福岡→佐賀)場合や定款の記載によって

手続きの方法、提出書類が変わります。

ご用意いただく主なもの
  • 会社の実印(及び役員の印鑑)

  • 代表取締役の実印及び印鑑証明書 ※法務局の管轄をまたぐ場合

  • 定款

※別途書類が必要な場合があります

 

資本金の額の変更

株式の発行などにより、資本金の額を変更する手続きです。資本金を増額する事により大きな会社とする方法を「増資」、

逆に減額する事を「減資」と呼びますが、手続きの方法、必要書類が大きく変わりますのでお問い合わせください。

 

 

会社の解散・清算

 

会社を消滅させる手続きです。会社を解散すると営業活動ができなくなり、清算手続が完了すると会社は消滅します。

ご用意いただく主なもの
  • 役員の実印及び印鑑証明書

  • 会社の実印

  • 定款

※別途書類が必要な場合があります。

 

主な登録免許税

 

(1)会社の本店においてする登記((3)に掲げる登記を除く。)

株式会社の設立の登記(イ)                                                             資本金の額の1000分の7
                                                                                                  (最低税額15万円)

合同会社の設立の登記(ハ)                                                             資本金の額の1000分の7
                                                                                                  (最低税額6万円)

株式会社又は合同会社の資本金の増加の登記(ニ)                                増加した資本金の額の1000分の7
                                                                                                  (最低税額3万円)

新設合併又は組織変更若しくは種類の変更による設立の登記(ホ)           資本金の額の1000分の1.5+資本金増加額の

                                                                                                   1000分の7
                                                                                                  (最低税額3万円)

支店の設置の登記(ル)                                                                  1箇所につき6万円

本店又は支店の移転の登記(ヲ)                                                      1箇所につき3万円

取締役会の変更の登記(ワ)                                                            3万円

取締役,代表取締役若しくは監査役の登記(カ)                                  3万円
                                                                                                 (資本金の額が1億円以下の会社については1万円)

会社の解散の登記(レ)                                                                  3万円

登記事項の変更,消滅又は廃止の登記(ツ)                                        3万円

登記の更正の登記(ネ)                                                                  3万円

(2)支店の所在地における登記                    9千円(更正・抹消登記は6千円)

(3)会社の本店又は支店の所在地においてする清算に係る登記

清算人又は代表清算人の登記(イ)                                                    9千円

清算の結了の登記(ハ)                                                                   2千円

 

よくある登録免許税が数種課税されるケース

  • 有限会社から株式会社に変更(資本金300万円の場合)
    3万円(レ)+3万円(ホ)=6万円

  • 取締役会及び監査役の廃止とそれに伴う取締役及び監査役の退任(資本金1億円以下の場合)
    3万円(ワ)+3万円(ツ)+1万円(カ)=7万円

  • 会社の解散・清算
    3万円(レ)+9千円(イ)+2千円(ハ)=4万1千円

※登録免許税は法律の改正により変更になる場合があります。
(平成25年1月1日現在)